福島国際研究教育機構 (F-REI) メールマガジン 第5号 (2023年12月1日)

◇◇◇――――――――――――――――――――――――――――――――――
福島国際研究教育機構F-REIメルマガ       第5号  2023/12/1
――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◇◇

皆様こんにちは。F-REIメルマガ担当です。
寒さが身にしみる季節となり、冬の訪れを感じる12月がやってまいりました!浪江町もすっかり気温が低くなり、先日、津島地区では、雪がちらついていました!寒い日が続いておりますが、F-REIは精力的に活動しております!それでは、今月もF-REIの取り組みや関連情報をお届けいたします!

<目次>
1.【コラム】江村理事からのメッセージ
2.【ご案内】ロゴマークに関する意見募集について
3.【ご案内】福島イノベーション・コースト構想シンポジウムについて
4.【ご案内】高校生・高専生の企画による小中学生の学びの場(体験講座)について
5.【ご案内】研究公募の状況について
6.【ご案内】SNSでの情報発信について
7.【ご報告】市町村座談会の開催について
8.【ご報告】トップセミナー等の開催について
9.【ご報告】第2回F-REI産学官ネットワーク・セミナーのアンケート集計結果
10.【関連情報】第4回福島イノベーション・コースト構想推進分科会の開催について(復興庁原子力災害復興班より)

■--------------------------------------------------------------------------------
1.【コラム】江村理事からのメッセージ
----------------------------------------------------------------------------------■
~世界に冠たる創造的復興の中核拠点を目指して~
皆様、こんにちは。福島国際研究教育機構理事(研究開発管理担当)の江村克己です。早いもので、本年4月1日の福島国際研究教育機構(F-REI)の設立から8か月が経過しました。現状本施設を有していないF-REIの研究は、当面、外部への研究委託を中心に進めます。今年度の採択が決まって研究がスタートしたものも出始め、研究開発管理の担当としては、本当に船出したとの感を強くしています。
F-REIのミッションは、福島をはじめ東北の復興を実現するための夢や希望となるものとするとともに、我が国の科学技術力・産業競争力の強化を牽引し、経済成長や国民生活の向上に貢献する、世界に冠たる「創造的復興の中核拠点」を目指すことにあります。F-REIにかかわることが決まり、このミッションをはじめて聞いたときには、そんなことできるの?と正直思いました。F-REIでの研究について検討を進めるにつれ、複合災害を受けた福島ならではの課題に正面から取り組むことにより世界に冠たる研究ができ、地元への貢献にもつながると確信するようになりました。全自動林業ロボットを開発して、原発事故の影響が残る阿武隈山地の資源活用と森林再生を行うという取り組みがその事例となります。切り出した木材をバイオマス発電に活用することを想定すると、このテーマは、F-REIの5つの研究分野(ロボット、農林水産業、エネルギー、放射線科学、原子力災害に関するデータや知見の集積・発信)すべてにかかわります。異なる研究分野を持ち、その分野間融合により研究が進められることがF-REIの強みになります。
F-REIは複合災害の知見を活かした新たな街づくりにも取り組みます。住民の皆さんとの対話や他機関との協力により研究を進めることが必須になります。世界に冠たる研究を進めるには、それを担う優秀な研究者に世界から集まっていただくことも必要です。時代を先取りした開かれた機構つくり、F-REIの魅力を高めることが何より大切と感じています。
私は浪江に住んで、浜通りの住みやすさや常磐ものと呼ばれる水産物をはじめとする食の豊かさを実感しています。浜通りに立地するF-REIは県外からの認知が十分とは言えない状況ですが、その認知度を高める努力も必要です。街づくりの検討の中で自治体や住民の皆さんと一緒に検討を進められればと思っています。地域の魅力を高め、このエリアに足を運んでいただく人(交流人口)を増やすことがその第一歩になります。まずは皆さん、是非一度、足を運んでみてください!

■--------------------------------------------------------------------------------
2.【ご案内】ロゴマークに関する意見募集について
----------------------------------------------------------------------------------■
本年実施したF-REIのロゴマーク募集には、全国125名の方からご応募いただきました。 たくさんの応募、誠にありがとうございました!
今回、最終選考作品3点の中から、最優秀作品を決める際の参考として、ご意見を募集しています(チラシ①を添付しておりますのでご参照ください)。募集は12/8(金)までとなっておりますので、是非、皆様のご意見をお聞かせください!

【ご意見募集サイト】
https://src2.webcas.net/form/pub/src1/f-reilogo
【ご案内(チラシ)】
https://www.f-rei.go.jp/assets/contents/hearing_opinion_for_logo.pdfPDF

■--------------------------------------------------------------------------------
3.【ご案内】福島イノベーション・コースト構想シンポジウムについて
----------------------------------------------------------------------------------■
12月9日(土)に福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校にて、福島イノベーション・コースト構想シンポジウムが開催されます。本シンポジウムは、福島イノベ機構の主催で、福島イノベーション・コースト構想に関する取り組み状況を総合的に情報発信し、情報共有や交流の場として、開催されるものです。トークセッションでは、F-REIの木村理事が参加します!詳細については、以下リンク先をご参照ください。

【福島イノベ機構HP】
https://www.fipo.or.jp/news/27004

■--------------------------------------------------------------------------------
4.【ご案内】高校生・高専生の企画による小中学生の学びの場(体験講座)について
----------------------------------------------------------------------------------■
1月8日(月・祝)にいわき市生涯学習プラザで、高校生・高専生の企画による小中学生の学びの場(体験講座)を開催いたします!F-REIの地域の未来を担う若者世代の人材育成の取組の一環として、F-REIの研究者の指導の下、高校生・高専生の企画による小中学生向けの学びの場(霧箱による放射線可視化と身の回りのものの放射線計測等の実験実習)を開催することにより、地域の未来を担う若者世代の、先端的な科学技術・研究に直接触れ、関心を高める機会を創出します。
今後、F-REIホームページにて参加申し込み等のご案内をさせていただきます。

■--------------------------------------------------------------------------------
5.【ご案内】研究公募の状況について
----------------------------------------------------------------------------------■
現在、F-REIでは研究の公募を行い、委託研究の開始に向けて準備を進めるとともに、複数の事業において委託研究を実施中です。最新の研究公募の内容や研究の実施状況等については、以下リンク先をご参照ください。

【事業・研究】
現在、令和5年度「RIで標識した診断・治療薬に関する研究開発」事業を12月26日(火)17時まで公募中です。
(事業・研究の公募)https://www.f-rei.go.jp/research_and_development/public_offering.html
(実施中の委託研究について)https://www.f-rei.go.jp/research_and_development/ongoing_commissioned_project.html

■--------------------------------------------------------------------------------
6.【ご案内】SNSでの情報発信について
----------------------------------------------------------------------------------■
F-REIでは、11月よりSNSの運用を開始しており、現在、X(旧Twitter)、Facebookを更新しております!F-REIに関連する情報を随時発信しておりますので、皆様のフォローを是非お待ちしております!また、周知用のご案内(チラシ②)を添付しておりますので、皆様の方でも周知にご協力いただけましたら幸いです!

【X(旧Twitter)】
https://twitter.com/FREI_officialjp
【Facebook】
https://www.facebook.com/FREI.GO.JP
【ご案内(チラシ)】
https://www.f-rei.go.jp/assets/contents/20231201_publicity_sns.pdfPDF

■--------------------------------------------------------------------------------
7.【ご報告】市町村座談会の開催について
----------------------------------------------------------------------------------■
11月6日(月)に飯舘村、11月17日(金)に楢葉町で、市町村座談会を実施しました。座談会はF-REIが市町村や住民、企業・団体等、多様な主体と対話する場として開催しており、今回の座談会で得られたシーズやニーズは、F-REIで実施する研究開発・産業化・人材育成の取組の参考とさせていただきます。

【活動・催事】
(飯舘村)https://www.f-rei.go.jp/activity/20231106_01.html
(楢葉町)https://www.f-rei.go.jp/activity/20231117_01.html

■--------------------------------------------------------------------------------
8.【ご報告】トップセミナー等の開催について
----------------------------------------------------------------------------------■
〇 11月7日(火)、東日本国際大学で経済経営学部、健康福祉学部の2年生の約60名を対象にトップセミナーを実施しました。F-REIの山崎理事長が講師を務め、最先端の科学技術力の魅力と可能性等について学生に伝えました!
〇 11月15日(水)、福島イノベ機構と連携して早稲田大学で出前授業を実施し、F-REIからは金子総務部長が講師を務め、早稲田大学法学部の3年生などの約130名に講義しました!
〇 11月21日(火)、福島工業高等専門学校で同教職員約60名を対象に講演会を実施し、F-REIの山崎理事長が講師を務め、F-REI設立の経緯や概要、今後の計画、そして、福島高専に期待することなどについて語りました!
〇 11月24日(金)、会津大学、ふたば未来学園高等学校の学生約40名を対象にF-REI説明会を実施し、F-REIの大塚人材育成推進課長が、F-REIの概要や現在の活動などを説明しました!
〇 11月24日(金)、福島大学共生システム理工学類の1年生約170名を対象にトップセミナーを実施しました。F-REIの江村理事が講師を務め、イノベーションとは何か、イノベーションを担う人材となるため、これからの時代に磨くべき素養とは何かについて語りました!

【活動・催事】
(東日本国際大学)https://www.f-rei.go.jp/activity/20231107_01.html
(早稲田大学)https://www.f-rei.go.jp/activity/20231115_02.html
(福島工業高等専門学校)https://www.f-rei.go.jp/activity/20231121_01.html
(会津大学、ふたば未来学園高等学校)https://www.f-rei.go.jp/activity/20231124_01.html
(福島大学)https://www.f-rei.go.jp/activity/20231124_02.html

■--------------------------------------------------------------------------------
9.【ご報告】第2回産学官F-REIネットワーク・セミナーのアンケート集計結果
----------------------------------------------------------------------------------------
10月12日(木)に開催した第2回産学官ネットワーク・セミナーのアンケート集計結果をF-REIホームページに掲載しました。アンケートで得られたご意見については、今後のF-REIの産学連携に当たって参考とさせていただきます。アンケートの回答にご協力いただきましてありがとうございました!

【活動・催事】
https://www.f-rei.go.jp/activity/20231012_01.html

■--------------------------------------------------------------------------------------
10.【関連情報】第4回福島イノベーション・コースト構想推進分科会の開催について(復興庁原子力災害復興班より)
----------------------------------------------------------------------------------------
11月24日に、第4回福島イノベーション・コースト構想推進分科会を、4年ぶりに開催しました。本分科会は福島イノベーション・コースト構想(以下、イノベ構想)の基本的な方針等について、福島県や県内15市町村長、関係省庁などの間で情報共有や意見交換を行うため、福島復興再生特別措置法に基づき、2017年に設置されたものです。第4回分科会においては、新たにF-REIの山崎理事長も委員にご就任いただき、当日はF-REIの取組について復興庁・F-REIより紹介しました。
また、分科会では、内堀福島県知事から、イノベ構想の更なる発展に向けた方向性の案を事務局で整理し、検討してはどうかというご提案がありました。詳細は今後、分科会での民間委員や地元首長等のご意見・ご議論も踏まえながら、事務局(復興庁、経済産業省、福島県)を中心に検討していきます。

(参考)第4回福島イノベーション・コースト構想推進分科会(資料)(復興庁HP)
復興庁 | 福島イノベーション・コースト構想推進分科会(第4回) (reconstruction.go.jp)
※議事録は追ってHPにて公表予定です。

今回のご案内は以上になります。

福島浜通り地域は、積雪が少ないと聞いておりますが、私はウィンタースポーツを楽しむため、各地の雪山に足を運ぶ予定です!皆様も冬の時期の怪我や事故にはお気をつけてお過ごしください!来年も引き続き、F-REIの最新情報を配信してまいりますので、皆様からの息の長いご支援をよろしくお願い申し上げます(広報担当:松葉)。

=======================================================================
福島国際研究教育機構F-REIメルマガは転載自由です。

【配信解除はこちらから】
https://forms.office.com/r/SvRVcCSXXG

【本メールに関するお問い合わせ】
本メールは、配信専用のアドレスで配信されており返信できません。
本メールに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
E-mail: madoguchi.h5x_atmark_f-rei.go.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。送信の際には「@」に変更してください。

=======================================================================
発行:福島国際研究教育機構(F-REI)
https://www.f-rei.go.jp/
福島県双葉郡浪江町大字権現堂字矢沢町6-1